先生自身の模範映像で理解しやすい

剣道上達革命dvd動画の評判・トップイメージ

実際の稽古のやり方は、先生が実際に模範をしめしながら、稽古のやり方を教えてくれています。

上級の方の動きを見ているだけで剣道は上達出来るようになります。

教え方もについても、非常に理解しやすいですし、実際の毎日の稽古にも簡単に取り入れる事が出来ます。

小さい面打ちについて他のもので、理解出来なくて、剣道上達革命でよくわかるようになります。

攻めも充実した内容の説明があり、とても役に立ちます。

動画の内容もかなり理解しやすい内容です。

詳細はコチラ  剣道上達革命dvd動画

正しい稽古のやり方が身に付きます

剣道の上達のために欠かせないポイントは、正しい稽古のやり方をシッカリと身に付ける事です。

正しい稽古方法を忠実に守りながら、毎日の稽古に取り組む事はとても大切です。

剣道の初心者のうちから正確に正しい稽古を繰り返す事が一番です。

自己流なやり方では、効率が悪いですので、稽古で苦しい思いをするだけで、上達もしないです。

ケガする事も考えられます。

正しい稽古のやり方をシッカリと学習し、身に付ける事が出来ます。

詳細はコチラ  剣道上達革命dvd動画

勝つことで益々剣道が好きになる

剣道上達革命の中で紹介されている稽古の方法は、香田郡秀さんの豊富な剣道の指導の経験をまとめたものです。

お子さんから大人の方まで幅広い年齢の方に、剣道を一から教えた経験も豊富です。

剣道の試合で勝つように稽古を効率的に取り組んでいきます。

剣道が本当に楽しくなりますし、勝つことで益々剣道が好きになります。

詳細はコチラ  剣道上達革命dvd動画

一人で素振りを練習するだけでも効果あり

基本の稽古の時には、まっすぐ振れていても、かかり稽古、試合では右手で引っ張ってしまう場合もあります。

試合などでは、小さく速く打つ事に意識が集中しているからです。

打つスピードを上げようとすると右手打ちになってしまいます。

剣道では大きな打ち方と、小さな速い打ち方では、基本的な点で違いがあります。

改善策としては、小さな打ちでは、右手には力を入れないようにします。

左手のこぶしは、右手のこぶしより上の胸の高さまで上げるように意識しながら面打ちの稽古に取り組んで下さい。

また、まっすぐ踏み込めるようにするためには、相手の体の中心線のところの下(相手の股の下)に右足を踏み込むように意識を集中する事が大切なポイントになります。

このように日々の稽古で意識していけば、自宅などで一人で小さな素振りを練習するだけでも効果があります。

詳細はコチラ  剣道上達革命dvd動画

更新:07/23 05:03